男髪城東本店

NEWS

トップページ > TOPICS > NEWS > バリカン(クリッパー)の歴史

バリカン(クリッパー)の歴史





皆様こんにちわ!

外の風が気持ち良い季節になりましたね!




今回はバリカン(クリッパー)の歴史を見ていきましょう!!

手動バリカン

歴史


1874年、日本にフランス製のバリカン・両手式トンドルが持ち込まれる

1888年、両手式トンドルを参考に、小型化した”日本式ジャッキ”が発売される

1890年、国内で内バネ式片手バリカン発売開始される

1919年、米国ウォール社が電動バリカンの製造・販売を開始



その後、1920年代末までに理髪店を中心に、第二次大戦後には世界的に普及しました。

それから1967年に、充電式バリカンが開発されました。



充電式バリカンが日本で普及されるのは1990年代頃からとなります。


電動バリカン

長さの言い方


「3枚ぐらいで!」とお客様に言われて「何ミリくらいですか?」とお聞きすると、

「何ミリって・・・・・・」といった会話がたまに起こってますが、

その答えがこちらになります!



1枚・・・2mm

1枚半・・・3mm

2枚・・・5mm

3枚・・・7mm




これが分かれば何枚刈も怖くない!!